ビルについて話し合うゼネコンと不動産業者

賃貸で一生を過ごすか、持ち家を購入するのか、住まいのあり方は人生設計の根幹にもかかわる問題のひとつです。家や底地などの不動産を小雄することには、安定した価値のある資産を保有するというメリットがあります。一国一城の主という言葉にも表現されているように、独立して家庭を持てば持ち家に居を構えて人生を全うするといったスタイルがかつては主流を占めていました。

しかし戸建て住宅などの持ち家を購入するには、莫大な現金が必要になり頭金を積んでもなお相当額の住宅ローンをかけて、毎月の返済額を工面する必要に迫られることになります。住宅ローンの返済は長期化する傾向があり、なかには二世代かけて返済するといった資金計画になっていることもけっして珍しくありません。リストラや転職などの機会で提示収入が減少すると、返済額を調達するのも困難になり、最悪の場合は差し押さえされて競売にかけられる可能性も否定できないのです。そのためローンが精神的な負担になる側面があるのが事実です。変動金利型のローンの場合は、一定期間経過後に返済額が大きくなるので、将来にわたって経済的負担と、精神的な気苦労を背負い込んだ生活を余儀なくされるのが、持ち家を所有することの一面と言えます。また土地や家を所有している限り、毎年固定資産税を支払い続けることになります。

これに対して賃貸マンションで一生を過ごすことを想定すると、家賃は値上がりしにくいので将来にわたって資金計画を柔軟に立てることが出来るメリットがあります。家賃は需給関係に左右される側面があるものの、一般的には変動のリスクは少ないといるわけです。
しかも賃貸であれば固定資産税の負担は必要なく、将来に必要になる大修繕に向けた修繕費を積み立てることになります。尤も一戸あたりの修繕費はそれほどの金額でもないので、賃貸マンションで生活することのコストは低く抑えることが出来ると評価できます。従って賃貸で一生を過ごすと言う選択肢も、これから先はより一般的なライフスタイルになっていくものと予想されます。住宅ローンの負担もないので延滞による競売の恐怖などをかかえることもないので、精神的負担が少ないのは魅力的です。

ライフスタイルや収入などの変化にあわせて、適切な家賃の物件に住み替えることの可能なフットワークの軽さを実感できるのも、賃貸マンションの魅力のひとつ。家や土地に縛られたくない方には、一生賃貸で生き抜くというのもおすすめです。