• ホーム
  • タワーマンション住みは高ステータスの証!

タワーマンション住みは高ステータスの証!

きれいな喫茶店

賃貸と分譲のそれぞれの物件が混在していることも多い、タワーマンションは首都圏を中心に数多く建設されています。タワーマンションとは一般的に16階以上で地上高60mを越えるマンションのことをさしています。尤も都心部などでは高級な外装の高層ビルに見まがうばかりの、多数の戸数をようすることも少なくありません。

大手デベロッパーがブランド名を冠して、地価も高いエリアに厳選して建設されることも多いので、億を越える物件も珍しくありません。最近では都市機能を再活性化するための、都市再開発事業の計画の一環に建設されることも多く、事業終了後は地域のランドマークになることを期待されていることが多く見受けられます。地域のランドマークに位置づけられることもあって、立地条件も非常に恵まれており、徒歩圏内の駅近であったり周辺には大型の商業施設なども展開されていることが多く、タワーマンションを中心にして、ひとつの街が形成されているような印象です。最上階や高階層では眺望がよく、360度雄大な高層ビル群からなるすばらしい眺望を望むことが出来ます。とりわけすばらしい夜景をプライベートで目の当たりにできるのは、タワーマンションならではのメリットと言えます。

フィットネスルームや屋内プールなどの充実した共用設備や、エントランスにはコンシェルジュが常駐しているなどのホテルレベルのサービスも充実していることから、多くの人にとっての憧れの対象になっているのも事実です。
駅近で交通アクセスが抜群の立地、夜景などの息を呑むほどの眺望の良さや各種機器や施設の充実ぶりからも伺えるように、階数があがるほど販売価格も高くなり、タワーマンションの高階層に住むことは社会的地位や高収入の象徴になっています。かなりの高収入を安定的に確保できるのは、ごく限られた人間のみです。

つまりタワーマンションに居を構える生活事態が、社会的成功の象徴になっているので数多くの方々にとっての憧れの対象になっている訳です。
また見方を変えてみると、セキュリティが非常に充実しているので、家族だけでなく女性の一人暮らしの方にも人気が高いという傾向もあります。防犯カメラだけでなく、玄関やエレベーターなどの幾重ものオートロック機構を採用していたりするのが標準仕様になっているので、都会で一人暮らしを送る女性にとっても、タワーマンションで生活するのは魅力が大きいといえるのです。