• ホーム
  • ロフト付き賃貸は失敗しやすい?

ロフト付き賃貸は失敗しやすい?

ロフトつき賃貸と聞くと、おしゃれなイメージが強く憧れを持つ人も多いのではないでしょうか。しかし実際にロフトつき部屋で暮らしをはじめてみると、案外意想外な発見があると聞きます。なかには後悔する経験を持っている人も。そこでロフトつき部屋のメリットやデメリットなどを比較してみましょう。

まず天井近くの空間も利用するので、空間を有効利用できるメリットを指摘することができます。収納スペースとして利用できるので、特定の時期しか使用しない電気機器や、滅多に利用しないアイテムをとりあえず収納しておくことが出来ます。またロフトがあるとワンルームでも、空間を使い分けることが叶います。ベッドルームにしたり、本棚などを持ち込んで、喧騒を忘れた読書スペースなどに活用するなんて使い方も。そして通常の賃貸部屋に比較しても、天井が高く作られているのであたかも吹き抜けのような開放感を味わうことが出来ます。普通のワンルームでは天井に圧迫感を覚える人でも、快適に過ごすことが出来るでしょう。

おしゃれな雰囲気や空間の有効利用を可能にするなどのメリットがありますが、他方でデメリットもかねてから指摘されています。まず夏場になると熱がこもりやすいので、ロフト周辺はサウナ状態になる事もあるようです。熱で温められた空気は上昇して、天井付近はとりわけ熱がこもりやすいのが実態になっています。エアコンなどの空調も天井付近では効きが悪い構造になっているので、温度も湿度もコントロールするのが難しく、快適な生活を送るには夏場は寝場所を変えるなどの工夫が必須になります。

ロフトつき物件を選んで失敗したと感じるのは、天井付近は熱も湿度もこもりやすい構造をもっていることと、空調で温度も湿度もロフト付近ではコントロールすることが難しいなどが原因になっていることが多いようです。
さらに最上階で無い場合は、階上の住人の足音などが普通の部屋で暮らしているよりも大きく感じることがあります。階上にお子様などがいる家庭では、足音が耳について不眠症になることもありえるのです。
ところでハウスダストは空気にまって天井付近のロフトには溜まりやすき傾向があります。布団をおいて就寝スペースにするにしても、収納スペースに利用するにしても、布団を干すためにおろしたり、掃除機を持ってあがるのも一苦労。普段のメンテナンスにも余計な手間がかかることがある等、なにかと負担を覚える機会が多いのも、ロフトを借りて失敗したと感じる方には多いようです。